ホーム > 日外協の活動 > 海外安全アドバイザリー制度 >  海外安全アドバイザーの紹介

海外安全アドバイザーの紹介

現在、次の4名に委嘱しています。(敬称略、順不同)

古賀 賢次(こが・けんじ)

海外安全アドバイザー古賀 賢次(こが・けんじ)写真

略歴

1973年~
松下電器貿易(株)入社、輸出営業を担当。
1983年~
松下電器貿易労働組合委員長、98年まで15年間労組の国際活動に従事し海外勤務制度の維持・改善海外労組との国際連帯、国際ボランティア活動等を行う。1988年松下電器産業との合併により労働組合も統合。副委員長(国際担当)として活動。
1998年~
松下電器産業(株) 海外企画室
1999年~
CIS中近東アフリカ本部、コートジボワール松下電器社長、社長就任日にクーデター勃発、同国での生産販売事業が困難となり撤退。
2001年~
イスタンブール松下電器駐在事務所長。トルコの通貨リラの切り下げに拠る経済危機を経験。
2003年~
欧州パナソニックマーケティング出向。松下電器産業株式会社OBP管理センター所長。
2006年
松下電器産業株式会社 海外安全対策室長。新型インフルエンザ対策の推進、海外での安全・リスクマネジメント、国際労働対策などのセミナーを開催。現場主義の活動を展開。これまで94カ国を訪問。
2010年6月
パナソニック(株)定年退職
2010年7月~
日外協・海外安全アドバイザー

加藤 稔 (かとう・みのる)

海外安全アドバイザー加藤 稔(かとう・みのる)写真

略歴

1975年4月~
山武ハネウエル株式会社 (現アズビル株式会社) 入社、海外業務部で輸出入業務を担当。
1998年6月~
シンガポールに駐在。1998年現アズビル・シンガポール社設立、1999年現アズビル・マレーシア社を設立し、副社長として現法経営に参加。
2003年4月~
人事部海外人事マネジャーに就任。アズビルグループ海外安全を担当。 海外安全マニュアルの整備、社員の海外安全教育の実施、海外出張者安否確認システムを構築。SARSや新型インフルエンザなどの感染症対策、 海外拠点で発生する人事労務事案、刑事事件などの処理にあたる。この間、20カ国を超える海外出張を経験。社内講師として海外赴任者・出張者に事故や事件に遭遇しないコツやノウハウを伝授。
2012年6月~
日外協・海外安全アドバイザー
2018年3月
アズビル(株)退職

佐藤 勝雄 (さとう・かつお)

海外安全アドバイザー佐藤勝雄(さとう・かつお)写真

略歴

1972年~
トヨタ自動車販売(株)(現トヨタ自動車(株))入社、海外営業部門勤務(欧州・アフリカ地域担当)、ベルギー及び南アフリカにも勤務。南アフリカ勤務ではマンデラ政権誕生に関わる情勢を経験。
1997年~
人事部門にて9年間にわたり海外安全を専任担当。会社の海外安全対応の体制・仕組みを構築し、ペルー日本大使公邸人質事件、SARS感染症・インドネシア情勢など、また様々な個別の事件・案件を対応。
2005年7月
同社 退職
2005年8月
コントロール・リスクス社 勤務
2007年8月
同社 退職
2007年12月
日野自動車(株)入社。人事部門にて海外安全を専任担当。会社の海外安全対応の体制・仕組みを構築、新型インフルエンザ・タイ情勢などに対応。
2014年4月
同社 退職
2014年6月
(一社)海外邦人安全協会 理事

筆口 秀一郎 (ふでぐち しゅういちろう)

海外安全アドバイザー筆口秀一郎(ふでぐち しゅういちろう)写真

略歴

元・三井物産(株) 人事総務部 安全対策室 コーディネーター
1975年
三井物産入社、製鋼原料部
1985年
ヨハネスブルグ支店(南アフリカ)
1988年
ハラレ事務所(ジンバブエ)
1992年
製鋼原料部
2001年
人事部(総合調整室長、健康管理室長・人事相談室長・人事企画室・安全対策室兼務)(2005年 機構改組により人事総務部)
2006年
安全対策室長
2014年
安全対策室 コーディネーター
2017年
S&Fコンサルティング設立
2014年10月~2017年3月
日外協「海外安全部会」部会長
2018年4月~
日外協・海外安全アドバイザー
2006年~2017年
外務省・海外安全官民協力会議メンバー
2011年
文部科学省・感染症研究国際ネットワーク推進プログラム 評価委員

日外協の活動

海外安全アドバイザリー制度

建議・要望

調査・研究

部会活動

セミナー・講演会・研修

海外安全・危機管理対策

海外安全・危機管理認定試験

海外派遣者適性診断ツール(WEA)のご案内

国際交流活動

広報・出版

メディア対応(プレス・リリース、記事掲載など)

関連リンク