ホーム > セミナー・講演会・部会 > 開催案内 >  【ウェビナー】ネオチャイナリスクに立ち向かう日本企業の対応(第3回)〔会員のみ〕

開催案内

2021年10月7日

【ウェビナー】ネオチャイナリスクに立ち向かう日本企業の対応(第3回)〔会員のみ〕

 日外協では「ネオチャイナリスクに立ち向かう日本企業の対応」と題し、4回シリーズで中国への日本企業の対応に関するセミナーを開催しています。講師は東京財団政策研究所主席研究員の柯隆氏。
 第3回のテーマは「新たなグローバルサプライチェーンのあり方」です。
 従来のサプライチェーンは効率化を目的として、コストの削減に力点を置いていた。しかし近年は、米中貿易摩擦、中国における人件費の上昇、コロナ禍により、多国籍企業はサプライチェーンの強靭化へと資源の再配分を進めている。さらに理想形としは安定供給も視野に入れなければならない。新しいグローバルサプライチェーンのあり方について議論することにする。
 モデレーターはG&Cビジネスコンサルタント代表の平沢健一氏。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


講演会詳細

1.日 時
2021年10月7日(木) 15:30~17:00

2.会 場
オンライン(ご参加される方には、開催の3日前を目途にご視聴用のURLをご案内いたします)

3.テーマ
ネオチャイナリスクに立ち向かう日本企業の対応(第3回)
新たなグローバルサプライチェーンのあり方

4. 講 師
柯 隆 (か りゅう)氏
東京財団政策研究所 主席研究員 2020_11_19_Karyuu.jpg
5.参 加 費
無 料(※日外協会員限定)

6.定 員
100名(定員にもれた場合のみ事務局より連絡いたします)

  
〈講師紹介〉
柯 隆 氏
 1963年、中華人民共和国・江鮮省南京市生まれ。88年来日、愛知大学法経学部入学。92年、同大卒業。94年、名古屋大学大学院修士課程修了(経済学修士号取得)。
 長銀総合研究所国際調査部研究員(98年まで)。98〜2006年、富士通総合研究所主任研究委員、06年から同主席研究員を経て、2018年より東京財団政策研究所主席研究員。兼職:静岡県立大学グローバル地域センター特任教授、 多摩大学大学院客員教授。国際経済交流財団Japan Spotlight編集委員
 著書:「中国の不良債権問題」(2007年、日経新聞出版社)、「中国強国復権の条件 『一帯一路』の待望とリスク」(2018年、慶応大学出版会、第13回樫山純三賞受賞)、「『ネオ・チャイナリスク』研究」(2021年、慶応大学出版会)

〈参加申込み〉
 下のお申込みボタンをクリックし、お申し込みフォームにご入力の上、お申し込みください。
 なお、事前に次のURLで接続テストを行ったうえでお申し込みください。https://zoom.us/test

本件のお問合せ先
一般社団法人 日本在外企業協会 業務部 矢野
(TEL:03-3567-9271 E-mail:yano-b@joea.or.jp)

お申し込み

セミナー・講演会・部会

開催案内

開催実績

講演会

セミナー

部会

他団体との共催・後援など

フォーラム

グループ研究会

海外安全・危機管理 認定試験