ホーム > セミナー・講演会・部会 > 開催案内 >  <日外協ウェビナー>中国の最新事情~アフターコロナ時代における労働人事の問題と対策~〔会員のみ〕

開催案内

2020年12月1日

<日外協ウェビナー>中国の最新事情~アフターコロナ時代における労働人事の問題と対策~〔会員のみ〕

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界経済は今なお苦境にありますが、ウイルスを抑え込んだ中国では移動や生産などへの規制がさらに緩和され、社会・経済の活動が本格的に再開しています。
 しかし、ウイルス防止・抑制期間における各種の措置が経済に与えたダメージは大きく、業績が悪化し先行きへの不安を覚える企業が少なくありません。
 特に、日系企業を含む外資系企業は、新型コロナウイルスに起因する経営悪化を解決する手段として事業再編や撤退を行おうとしても、人員削減などが不可避となることから、アフターコロナ時代においては種々の労使間の問題に直面することとなります。
 また、ウイルス流行による経済失速は、社会保険料の未納のほか、時間外労働、有給休暇、賃金支払、労災、労働関係の形成と解除、各種ハラスメントなど、労働と関連する従来からの問題も複雑化・顕在化させました。
 さらに、中国の労働環境においては、「従業員シェア」(新型ワークシェアリング)、電子労働契約、従業員個人情報保護、オンライン裁判といった新たな動きも注目されます。
 いずれにしましても、このアフターコロナ時代に中国事業を成功させるには、労働をめぐるこれらの問題を適切に把握し、効果的な対策を講じていくことが必要となります。
 そこで、今回、中国現地において多くの日系企業の労働人事案件に携わってこられた実務経験豊富な中国弁護士により、アフターコロナ時代における中国の労働人事の最新事情について、日本語でご解説いただきます。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


講演会詳細

1.日 時
2020年12月1日(火) 15:00~17:00

2.会 場
オンライン(ご参加される方には、開催の1週間前を目途にご視聴用のURLをご案内致します。)

3.テーマ
中国の最新事情~アフターコロナ時代における労働人事の問題と対策~

4. 講 師
劉 新宇 (りゅう しんう)氏
金杜法律事務所 パートナー弁護士
中国政法大学大学院 特任教授
中日民商法研究会 副会長
R_LiuXinyu_160203
5.参 加 費
無 料(※日外協会員限定)

6.定 員
100名(定員にもれた場合のみ事務局より連絡いたします)

  
〈講師紹介〉
劉 新宇 氏
 中国・上海復旦大学法学部卒業、早稲田大学大学院修士(法学)、丸紅株式会社法務部中国法顧問を経て、金杜法律事務所パートナー。
 現在は、中国人民大学税関・外為法研究所共同所長、中国国際経済貿易仲裁委員会仲裁人等も務める。
 監修を務めた『中国赴任者のための法務相談事例集』、『中国商業賄賂規制のコンプライアンス実務』のほか、編著を務めた『中国進出企業 再編・撤退の実務』(いずれも商事法務)がある。

〈参加申込み〉
 下のお申込みボタンをクリックし、お申し込みフォームにご入力の上、お申し込みください。
 なお、事前に次のURLで接続テストを行ったうえでお申し込みください。https://zoom.us/test

本件のお問合せ先
一般社団法人 日本在外企業協会 業務部 中野
(TEL:03-3567-9271 E-mail:nakano-h@joea.or.jp)

お申し込み

セミナー・講演会・部会

開催案内

開催実績

講演会

セミナー

部会

他団体との共催・後援など

フォーラム

グループ研究会

海外安全・危機管理 認定試験