ホーム > セミナー・講演会・部会 > 開催案内 >  【第1回】「日中新時代」における中国ビジネスのリスクとその実務対策  中国の最新事情~外商投資法からみる対中投資の変革~〔会員・一般〕

開催案内

2019年7月9日

【第1回】「日中新時代」における中国ビジネスのリスクとその実務対策  中国の最新事情~外商投資法からみる対中投資の変革~〔会員・一般〕

 本シリーズ第1回目は、2019年3月15日に可決され、2020年1月1日から施行予定の外商投資法をテーマにご講演いただきます。
 長年にわたり外国企業の注目を集めてきた外商投資法がついに採択され、今後多くの日系企業の対中投資の方向性に影響が及ぶことが見込まれます。
 同法の施行による外資系企業と内資企業の組織機関に関する適用法令の統一に伴い、中外合弁企業の組織機関が大きく変わること、新たに外商投資情報報告制度、外商投資安全審査制度が構築されること、中国企業への技術移転強制の禁止により中国企業との技術提携に影響することなど、注意に値すべき点が少なくありません。
 そこで、本シリーズ第1回目は、対中投資の変革をテーマに、外商投資法の概要、日系企業の投資への影響、今後の見通し、関連法改正や同法の移行期間、対中投資の変革に伴う各行政機関との調整にあたっての紛争対応などについてわかりやすく解説いただきます。
 皆さまの奮ってのご参加お待ち申し上げております。



講演会詳細

1.日 時
2019年7月9日(火)  15:00~17:00

2.会 場
一般社団法人 日本在外企業協会 セミナールーム
東京都中央区京橋3-13-10 中島ゴールドビル7階
日本在外企業協会アクセス地図もご確認ください。
<都営地下鉄浅草線・宝町駅 A1番出口すぐ、東京メトロ銀座線・京橋駅 1番出口 徒歩3分>

3.本年シリーズについて
「日中新時代」における中国ビジネスのリスクとその実務対策:
経済の減速、デジタルイノベーションの加速、中米貿易摩擦、など中国を取り巻く環境は激しく変化しています。
そのような背景のもと、日本と中国の経済関係は競争から協調へと変化しつつあり、「日中新時代」の到来ともいわれています。
日系企業にとっては中国事業の拡大、新たな商機が期待される一方、中国でのコンプライアンス   管理は厳格化の傾向にあり、外国企業と行政機関との間におけるトラブルが多発しています。
日外協では、日本企業が中国ビジネスを行う上でぜひ押さえておかなくてはならない最新の法実務情報について、今年度3回にわたり講演会を実施いたします。

4.テーマ
「日中新時代」における中国ビジネスのリスクとその実務対策
『中国の最新事情~外商投資法からみる対中投資の変革~』

5. 講 師
劉 新 宇 氏
金杜法律事務所 パートナー弁護士
中国政法大学大学院 特任教授
中日民商法研究会 副会長

R_LiuXinyu_160203
6.参 加 費
日外協会員 無 料、 一 般 ¥5,400/名(税込み)

7.定 員
70名(定員にもれた場合のみ事務局より連絡いたします)

〈講師紹介〉
劉 新 宇 氏
中国・上海復旦大学法学部卒業、早稲田大学大学院修士(法学)、丸紅(株)法務部中国法顧問を経て、金杜法律事務所パートナー。
現在は、中国人民大学税関・外為法研究所共同所長、中国国際経済貿易仲裁委員会仲裁人等も務める。
監修を務めた『中国赴任者のための法務相談事例集』、『中国商業賄賂規制のコンプライアンス実務』のほか、編著を務めた『中国進出企業 再編・撤退の実務』(いずれも商事法務)がある。

本件のお問合せ先
一般社団法人 日本在外企業協会 業務部 林/落合
(TEL:03-3567-9271 E-mail:hayashi@joea.or.jp)

お申込み後、受付確認の自動返信メールが届かない場合は、お申込みが正常に届いていない可能性がありますので、事務局までお問い合わせください。

当協会では節電のため、5月~10月はクールビズを実施しております。
当日は涼しい服装(ノーネクタイ等)でお越しください。


【お知らせ】
一度ユーザー登録をしていただくと、次回以降、当協会主催の講演会等にお申込みいただく際、ユーザーIDとパスワードをご入力いただくだけで、会社名、部署名、連絡先が申込みフォームに自動入力されます。
なお、ユーザー登録をされない場合は、ユーザーID、PW欄は空欄のままお申込みフォームのご入力にお進みください。

お申し込み

セミナー・講演会・部会

開催案内

開催実績

講演会

セミナー

部会

他団体との共催・後援など

フォーラム

グループ研究会

海外安全・危機管理 認定試験