ホーム > セミナー・講演会・部会 > 開催案内 >  【第1回】「政治、経済のステージ転換に向かうアジア」〔会員・一般〕

開催案内

2017年5月17日

【第1回】「政治、経済のステージ転換に向かうアジア」〔会員・一般〕

 2017年度「日外協 アジアシリーズ講演会」は、G&Cビジネスコンサルタント代表の平沢健一氏を主査に迎えて開催いたします。
 第1回は大きな転換期に入ったアジアの動きを取り上げます。
 中国は労働集約型産業が牽引する高度成長、政府部門の投資が牽引する内需型成長の2つのステージを終え、第3ステージの「創業創新」型成長を目指しています。
 深センに現れた華為技術、ZTE、テンセント、DJIなど民間企業のレベルは日本で想像するよりはるかに高く、中国の新たな可能性を示しています。
 ASEANではタイ、マレーシアの優等生2カ国が成長力を失い、政治の混乱も深まりつつある一方で、ミャンマー(M)、ベトナム(V)、フィリピン(P)の「MVP」が高成長軌道に乗り、ASEANは牽引車が交代する新たな状況に入りました。
 インドは既に中国の成長率を上回り、弱みだった製造業と個人消費の盛り上がりが本格化し、中国が21世紀に入って経験した高成長にシフトチェンジしています。
 アジアは1990年代半ばから20年続いた高成長期が過ぎて全体的なステージ転換に入っており、日本企業はこれまでの認識、経験を捨て、新たな成長国、成長企業、成長ビジネスと向き合う時期にあります。
 皆様奮ってのご参加をお待ち申し上げております。


講演会詳細

1.日 時
2017年5月17日(水) 15:00~17:00

2.会 場
一般社団法人 日本在外企業協会 セミナー室
東京都中央区京橋3-13-10 中島ゴールドビル7階
日本在外企業協会アクセス地図も ご確認ください。
<都営地下鉄浅草線・宝町駅 A1番出口すぐ、東京メトロ銀座線・京橋駅 1番出口 徒歩3分>

3.テーマ
【第1回】 
“政治、経済のステージ転換に向かうアジア”

4. 講 師
後藤 康浩 氏
亜細亜大学 都市創造学部 教授 (元日本経済新聞論説委員・編集委員)

5. モデレーター
平沢 健一(ひらさわ・けんいち) 氏
G&C(グローバル&チャイナ)ビジネスコンサルタント 代表

6.参 加 費
日外協会員 無 料、 一 般 5,400円/名(税込み)

7.定 員
50名(定員にもれた場合のみ事務局より連絡いたします)

〈講師紹介〉
後藤 康浩氏
 早稲田大学政経学部政治学科卒業、豪州ボンド大学経営学修士(MBA)修了、1984年 日本経済新聞社入社。
 社会部配属、85~86年エジプトのアメリカン・ユニバーシティ・カイロ(AUC)でアラビア語研修。
 86年国際部配属、88年~90年バーレーン支局駐在、90~92年欧州総局(ロンドン)駐在、その後、東京本社産業部で企業取材、97年~2000年中国総局(北京)駐在。
 帰任後、産業部編集委員、論説委員、編集局アジア部長、編集委員などを経て、2016年3月末に日経新聞を退社。
 同年4月から亜細亜大学教授。
 専門領域は「産業政策・モノづくり論」「アジア地域の経済、産業」「資源・エネルギー問題」などテレビ東京系列「未来世紀ジパング」ナビゲーター、ラジオ日経「マーケットトレンド」コメンテーター、BSジャパン、日経CNBCなどにも出演。
 著書は「強い工場」(03年日本経済新聞社刊)、「勝つ工場」(05年 同)、「アジア力~成長する国と発展の軸が変わる」(10年 日本経済新聞出版社)、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(11年、日本経済新聞出版社)、『ネクスト・アジア』(14年、日本経済新聞出版社)など多数 

〈モデレーター紹介〉
平沢 健一氏
 早稲田大学第一商学部卒業、日本ビクター(株)で米国、欧州、中国現地法人を20年経営。 理事JVC中国董事長、総経理として傘下13社のリストラ、業界初の直販、現金回収、全社黒字を達成。
 現在G&Cビジネスコンサルタント代表の傍ら日本経団連始め多数の企業、協会で講演。大学、大 学院で教えたほか中国関連書を6冊出版、論文多数。
 日中関係学会理事、海外職業訓練協会理事。

本件のお問合せ先
一般社団法人 日本在外企業協会 業務部 藤田/落合
(TEL:03-3567-9271 E-mail:fujita@joea.or.jp)

※今回は会員向けの動画配信サービスはございません。

当協会では節電のため、5月~10月はクールビズを実施しております。
当日は涼しい服装(ノーネクタイ等)でお越しください。

お申し込み

セミナー・講演会・部会

開催案内

開催実績

講演会

セミナー

部会

事例研究会

他団体との共催・後援など

フォーラム

グループ研究会

海外安全・危機管理 認定試験